藤沢市 脳神経外科 山﨑脳神経外科クリニック Rotating Header Image

アーカイブ: 6月 2014

頸動脈 エコー検査について

頸動脈エコーという検査は、頸動脈の血管や内腔の状態、さらに血液の流れの速度を観察する検査です。動脈硬化によって血管の壁が石灰化したり、厚くなったり、プラーク(血栓)ができて、血管の内腔が狭窄(狭くなること)していないかどうか、また、それによって血流が乱されてないか(カラードップラー法でないとわかりません)どうか、等を調べます。そして狭窄の程度に応じて血液をサラサラにして血栓を出来にくくする、抗血小板療法が必要なのか、さらに精密検査をして頸動脈内膜剥離術やカテーテルによる血管内手術によって、血管を広げるか、適応を判断する必要があります。

このような頸動脈エコーでは、動脈硬化の進展度や現在の血流の状態、さらには、将来の脳梗塞の予測、予防もある程度可能ですので、高血圧、糖尿病、高脂血症(脂質代謝異常症)など生活習慣病のある方や、治療を受けている方、または心配のある方は、検査を受けられることをおすすめします。

日付:  カテゴリ:院長ブログ